庭の雑草対策前に確認すべき事~手順とかかる日数~

コンクリート施工で庭のメンテナンス頻度を減少化! コンクリート施工で庭のメンテナンス頻度を減少化!

コンクリート施工の流れは?~メンテナンスフリーの庭ができるまで~

庭の雑草対策のために、コンクリート施工を施すつもりなら、施工期間はどれくらいかかるかを事前に知っておいた方が良いでしょう。知識を深めることで、依頼する際にもスムーズに話が進みます。

コンクリート施工の工程

周囲との高さを合わせ、砂利を敷き詰める

コンクリート施工を施す前に、周辺との高さをぴったりにするために、表面の土を掘削します。十分な深さに掘削した後は、コンクリートの沈下を防ぐために、砕石を掘削範囲量に合わせて敷き詰めます。これらの作業は、重機を使用するため工事騒音が発生しやすいです。作業前日までに、近隣の人への配慮も忘れずに行ないましょう。

砕石を固める

重いコンクリートが沈下しないためには、砕石を敷き詰めるだけでなく、押し固める必要があります。転圧機と呼ばれる地面に圧力を加える特殊機器を用いて地盤固めを施します。騒音は大きめですが、施工範囲によっては、30分ほどで済ませられます。

ワイヤーメッシュを設置する

ワイヤーメッシュは、コンクリート強度を上げるために、欠かせない工程です。コンクリートを打設する箇所に高さを均一にしながら張り巡らせます。業者は、十分な強度を出すため、自社の施工基準に沿って設置します。

コンクリートを流し込み表面を仕上げる

ワイヤーメッシュを設置したら、いよいよコンクリートの流し込み、固まる直前に表面を滑らかに仕上げます。コンクリートはすぐに固まるわけでなく、その日の気象条件によっては、完全に硬化するまでに長い日数がかかる場合があります。コンクリート打設後は、養生期間である程度の日数を開けておかなければなりません。

メンテナンスフリーの庭にするためのコンクリート施工は、基本的には1週間ほどかかります。施工当日の気候によっては変動するので、業者担当者と密な確認が必要です。

TOPボタン